どうしよう、抜けない玄関の鍵!

仕事に行こうと準備をして、玄関を出て、いつも通り扉に鍵をかけて、ポケットに入れて駅まで急ごうと思っていたら…抜けない!鍵が鍵穴から抜けません!折れたわけでも、無理にいれた訳でもないのに、まったく抜ける気配がない。 自宅には誰も居ていないし、鍵をつけたまま出掛ける訳にはいきません。専用のオイルのようなものは家には置いてないし、無理やり抜こうとしたら鍵が折れてしまいそうでした。 どうしたものかと考えながら、鍵をカチャカチャと触っていると偶然にスルリと抜けました!鍵を確認してみると曲がっていた訳ではなさそうです。自宅に帰ったあと家族にも聞いてみると同じ事が起きていたようです。 しかし、それからも鍵はなかなか抜けることがなくいつも苦労をする羽目に。そして編み出したのが、抜けなくなった時には鍵を小刻みにカチャカチャとまわしながら引き抜くこと。 意外とこれが1番効果があります。力はいらないし、やさしく小刻みに動かしながら引くだけです。コツさえ掴めば道具もいらないので、抜けなくなった鍵にはこれが1番手っ取り早いのですね。 鍵が曲がっていなくても、抜けなくなることはあります。鍵穴が悪くなっていると、こういった事が起きてしまうようです。 あくまで緊急時に使うワザとして覚えていると良いでしょう。抜けるからとそのまま使用していると、ウチでは鍵が中で折れてしまい、急いでいる時に取り返しがつかなくなってしまいました。 異変を感じたら早めに鍵穴の交換をしてもらうことを強く推奨します。

古くなった玄関の鍵の交換

分譲マンションに20年以上住んでいるのですが、長く同じ場所に住むと環境や家に愛着が沸く反面、あらゆる箇所に欠陥がでてきます。玄関の鍵も同じでした。まさか壊れるとは思ってもみなかった場所ですが、家族が多く住んでいるため使用回数が多かったのか、鍵を入れても抜きにくいという現象が発生しました。最初はそれほど、気にもしていなかったのですが、この現象はだんだんと悪化していきました。急いでいる朝に鍵を入れてはその鍵がドアから抜けなくなるという数分の戦いを繰り返していくうちに嫌気がさしていきました。見るに見かねた心配性の母親が地元の鍵屋さんに連絡をして修理・鍵交換をお願いしました。その方は60代後半くらいの年配の方でしたが、手慣れているようで、すぐに訪ねてきてくれてました。身軽な様子で白いミニバンといくつかの道具を腰に携えくたくたの帽子を被ってまるで職人のような風貌でした。修理・鍵交換を始めるとあっという間に終わりました。その方曰く、20年以上も同じ鍵を使用しているのは珍しいとのことでした。その後、母が鍵の異変に気づき再度連絡したようですが、すぐに駆け付けて修理をしてくれたそうです。どこにお住まいだったかは分かりませんが、忍者のごとく素早い対応でした。修理料金は手渡しでその場支払いという何とも昔ながらの方法ではありましたが、なんだか真新しくも懐かしい感覚になりましたし、地元に貢献できたような経験でした。

実家の鍵交換

実家の鍵交換をした時の話です。一軒家に住んでいるのですが、長い間鍵を交換したこともなかったので鍵交換をしようという話に家族でなりました。母、父、私を含めた兄弟2人の4人で住んでいますが誰も鍵交換をした経験が無かったので自分たちで交換するよりも業者に頼んで交換してもらう事にしました。個人的には業者に交換してもらうのは何故か不安でしたが仕方ありません。実際に調べてみると鍵交換は思ったよりも費用がかからないことを知りました。予想では5万円程度と思っていましたが、安いところでは1万円を切るくらいの費用です。しかしそこまで安すぎたら少し不安なのでCMなどで聴き馴染みのある地元の業者に依頼しました。値段は1万円くらいでした。そして実際に業者の方に来てもらい新しい鍵穴に交換してもらうのでしたが、ここでも驚きがありました。作業時間もあっという間に終わったと言うことです。交換するくらいなのでかなりの時間を必要とするだろうと思っていましたが、30分もかからない内に終了しました。さすが業者は違うなと思っていましたが、これくらいが普通だと言うことも知りました。少し驚きましたが、その後新しい鍵を貰って無事に鍵交換は終了しました。やはり新しいものはワクワクしました。今回は鍵ということです毎日のように使うからこそとても新鮮でしたし、新しいものに交換した最初の綺麗はやはり嬉しかったです。個人的にはスムーズに鍵が鍵穴に入るところが好きです。

車の鍵交換

車の鍵を交換した時の話です。私の車は鍵では無くても、車のドアノブに触れると鍵が開く仕組みにもなっています。しかしそんな時にドアノブが開かなくなる現象がありました。何度やっても車は開こうとしませんでした。仕方なく備え付けてある鍵で直接開けました。しかしエンジンをつける時も鍵でひねってエンジンをかけるのでは無くボタン式でエンジンがかかるようになっています。しかしそれも反応が悪くなかなかボタンをつけることが出来ませんでした。何度か試してやっと着くような形でした。これではいつか車が使えなくなると感じたので車屋さんに鍵の修理、交換を依頼することにしました。始めての車の鍵交換だったので、もしかしたら長い時間かかるかもしれないから代車とかあるのかもしれないと思っていました。しかし思ったよりすぐに鍵交換は終わりました。むしろ当日で一時間ほどで交換出来てしまったので驚きでした。そんなに早く出来ることなんだと感心しました。さっそく自分の車に帰ってドアノブに触れた瞬間違いました。すぐに反応したくれてとてもスムーズでした。エンジンをかけるボタンをすぐにボタンを押すことが可能なサインも出たので交換した交換はすぐに感じることが出来ました。おかげさまで楽しく運転することが出来ました。車の鍵交換は始めてだと言いましたがおよそ今の車を運転し始めてから3年くらいで鍵交換しました。意外にも私的には長く持ったと感じています。

防犯対策に鍵を交換しました

結婚1年目の時に、自宅が下着泥棒の被害に合いました。当時は、まだ新婚で主人と二人暮らしでした。親戚の今は誰も使っていなかった小さい古い一軒家を借りて住んでいました。仕事から帰ってきて、いつも通りに洗濯物を取り入れようとした時に、私の下着だけが無くなっていました。玄関の鍵はかかっており、室内も出勤時と変わっていなかったため、私の干し忘れかと思っていたのですが、窓ガラスの鍵の部分だけが割られていることが分かり、すぐに警察に知らせました。警察の鑑識のもと、捜査が始まったのですが、犯人と思われる下足痕のみでした。侵入経路は、窓からという事になりましたが、警察の方と主人と相談して玄関の鍵も交換しておくことにしました。鍵の交換をしてくれるところをネットで探してすぐに「カギのベストワン」さんが来てくださいました。まだ下着泥棒に入られたということに動揺していた私に、優しく丁寧に対応してくださいました。家の玄関のカギを防犯対策が施された鍵に交換しました。「カギのベストワン」さんはよく市内をドライブしている時に何度か見たことがあったので、すぐに頼むことができました。夕方だったので、明日にしようかとも思ったのですが、緊急対応として、24時間対応をしてくださっていたので、安心して頼むことができました。誠実でなおかつ迅速な対応だったので、また何かあれば頼みたいと思いました。防犯の窓ガラスに変更することなど、鍵以外のこともされているのも良かったです。

 

 

鍵 下関

シリンダー円筒錠を交換してみた

私が交換した場所は、寝室のドアのノブです。カギ付きだったのですが、そのカギが紛失してしまい、マスターキーも作っていなかったのですが、作るよりもドアノブ自体を交換したくなり、プチリフォームを行うときに一緒に交換しました。私のはシリンダー円筒錠というタイプで、鍵屋でなく、リフォーム専門業者に依頼しました。内側ノブにボタンがあって、押すと錠がかかるタイプへ交換することにしました。これなら鍵そのものを紛失しなくて済むので、種類を変えることにしました。家の中のドアはだいたいこのタイプだったのですが、寝室だけ違うタイプでした。業者いわく、自分で簡単に交換できる話しで、最もポピュラーな錠だと言われました。業者は専門なんで、手際よく作業してくれました。やはり防犯対策として取り付けるので、交換作業も隣で見学させていただきました。内側ノブの丸座を取り付けているネジをドライバーでゆるめてネジをとり、ノブを引き出していました。穴の中にはラッチボルト部が残っているのが見えていて、フロント板のネジをドライバーでゆるめ、ラッチボルト部を外してくれました。結構、劣化していたようで、押し出すにも結構力が必要だったようです。ラッチの向きに注意して、ラッチボルト部、円筒錠、丸座、内側ノブの順で取り付けてくれました。最後は、内と外のノブを回したりして動きを確認してくれたり、カギを押したりして開閉についても確認してくれました。

ドアチェーンの交換

玄関のカギが壊れてしまったので、どうしたらいいのかを鍵屋に問い合わせてみたら、自分でも交換ができる話しでした。私の場合は、カギといってもドアチェーンのほうで、サビついていたり、経年劣化が原因だったのか、そこは定かではないのですが、だんだん、チェーンの動作性が弱くなり、チェーンがドアに届かなくなりました。だから、交換することになったのは補助錠です。ドアが鉄部の場合の金具の取り付けがあるので、電気ドリルを持っていますか?って、鍵屋に質問されて、日曜大工を趣味にしていたので、持っていると話したら、なら大丈夫ですよって、付け方などを教えてくださいました。電気ドリルで穴を開けてネジを止めるのですが、太めのネジでしっかり止めたほうが防犯対策になるとも言われました。まずは、ドア枠にチェーンのついた金具があるので、ドライバーでネジを外しました。元からついていたチェーンとの交換だったので、私の場合には新たな穴を開ける必要はありませんでした。チェーンも同メーカーのものを取り寄せました。新しいチェーンをドライバーでネジ止めしました。位置は力が一番かかるドアノブの近くで、やや上あたりが使いやすいとは思うのですが、長年使っていたクセがあるので、既存の位置に止めました。チェーンを受け金具の穴に入れるとき、少したるみがある程度の位置に受け金具をドアにネジ止めされていれば良かったのでしょうが、それが既存のものでは短いチェーンだったから、届かなくなったので、取り寄せ注文する際に、チェーンの長いものをお願いしました。

アパートの玄関鍵

アパートの鍵を紛失

今から10年ほど前、まだ独り暮らしをはじめて間もない頃、
12月の年末にアパートの鍵を紛失しました。
私が住む地域では雪が多く、この日は膝くらいの積雪がありました。
どうやらフカフカな雪の上に鍵を落として埋もれてしまい、
その日はすでに夜でもあり、
探しだすのは春になって雪が完全に溶けてから。
携帯電話も、充電がだいぶ減っており、
鍵屋さんを探しだすのも困難でした。
その場で携帯でモバイル検索をして
地元でもやっている鍵屋さんに電話をしました。

30分ほど外で待っていたところ、ワゴン車で来てくれた鍵屋さん。
誰かに鍵を拾われている可能性がないかなど、防犯上色々な質問を受けました。
アパート管理会社にも一緒に電話口でわけを話してくださって
それが安心材料だったと思います。
管理会社にも許可を取るのは、とても重要なことでもありますし
信用性に関わる部分だと思いますので、ここの鍵屋さんでよかったなと思いました。

なくした鍵と同じものをその場で作っていただき、
1時間ほどで同様の鍵を作成していただき、料金は25000円ほど。
あのときは本当に助けてもらいました。
夜遅くても駆けつけてくださった鍵屋さん、他にもバイクや自転車といった
特殊な鍵にも対応できますとおっしゃっていたのが
印象的で今でも鮮明に覚えております。
いつかまた困ったらここの鍵屋さんに連絡しようと思い、
今でもアドレス帳に鍵屋さんのフリーダイヤルが残されています。

賃貸物件で起きた、とても怖い、鍵のトラブル

“私が鍵のトラブルにあったのは、賃貸物件に住んでいる頃のことです。そのトラブルをきっかけに、玄関の鍵を丸ごと交換するため、鍵交換をしてくれる専門業者に頼みました。

そのトラブルは、賃貸物件に引っ越して数ヶ月後に起きました。小さな子供と一緒に、昼間家にいた時です。我が家では、安全のために常に、鍵を閉めるのは当然ですが、鍵のチェーンをかけておきます。チェーンをかけていたのが幸いしたのですが、ある日の昼間に、突然誰かに家の鍵を開けられました。

玄関先から、ガーン!と大きな音がしたのですが、チェーンがかかっていたため、ドアが開かずに引っ掛かった時の音でした。その後、我が家のドアをこじ開けようとした犯人は諦め、消えたのですが、とても怖くて震えました。

まずは大家さんに連絡をしようと思い、まずは不動産屋さんに連絡をして、鍵の交換をお願いしました。大家さんは、特に何もしてくれず、鍵は自分で交換してと言われたので、すぐに鍵を交換してくれる業者を調べて発注しました。

不動産屋さんの話では、もしかしたら以前住んでいた人が鍵を持ったままでいて、何かしらの理由で家に入り込もうとしたのかもしれないということでした。こういったトラブルは、賃貸物件では珍しくないそうで、本来ならば大家さんが新しい人が住み始める時に鍵を交換しておくことが望ましいらしいのですが、お金がかかるため、実際にちゃんと交換している大家さんは少ないという話でした。

とても怖い経験でしたが、こういった鍵のトラブルの時でも、鍵専門の業者さんは、すぐに対応してくれるので、とても助かりました。”

ネットの業者

東日本震災の影響で自宅の鍵が壊れてしまいました。当時は近くの鍵業者さん自体も震災に遭っていたためどこに頼んでよいか悩んでいました。その中で見つけたのがネットで頼んできてもらうという選択でした。今でこそネットの活用がかなり増えてきました当時はまだ業者が多くなかったのですが何とか見つけることができ頼みました。良かった点としては自宅にいながら頼めたという点で震災に遭っていて外に出れなかったので非常に助かりました。玄関の鍵でしたが来て数分で直してしてくれました。玄関だけ頼むつもりがサービスで部屋の鍵も直してくれたので大変満足しました。難点としては料金が高いことです。県外から来てくれるのでその費用が工賃に上乗せでかかってくるのでホームセンターなどで頼む値段とはわけが違く非常に高い印象でした。料金の見積もりは当日来て直す際にするのであらかじめ値段を大まかに聞いていないと驚いてしまう可能性があるので注意した方が良いと思います。しかし、料金が高いとはいえ対応が素晴らしかったので良かったと思います。修理後は期間内であればメンテナンスを無料で保証してくれたり鍵の状態を保つためのポイントなどを教えてくれたり非常に親切にしてくれたので頼んで正解だったと感じました。このように鍵の交換はネットの業者に頼む方法もあります。今はネットがさらに進化してきているので業者数も年々増えてきていると思いますので是非一度検索してみてはいかがでしょうか。