シリンダー円筒錠を交換してみた

私が交換した場所は、寝室のドアのノブです。カギ付きだったのですが、そのカギが紛失してしまい、マスターキーも作っていなかったのですが、作るよりもドアノブ自体を交換したくなり、プチリフォームを行うときに一緒に交換しました。私のはシリンダー円筒錠というタイプで、鍵屋でなく、リフォーム専門業者に依頼しました。内側ノブにボタンがあって、押すと錠がかかるタイプへ交換することにしました。これなら鍵そのものを紛失しなくて済むので、種類を変えることにしました。家の中のドアはだいたいこのタイプだったのですが、寝室だけ違うタイプでした。業者いわく、自分で簡単に交換できる話しで、最もポピュラーな錠だと言われました。業者は専門なんで、手際よく作業してくれました。やはり防犯対策として取り付けるので、交換作業も隣で見学させていただきました。内側ノブの丸座を取り付けているネジをドライバーでゆるめてネジをとり、ノブを引き出していました。穴の中にはラッチボルト部が残っているのが見えていて、フロント板のネジをドライバーでゆるめ、ラッチボルト部を外してくれました。結構、劣化していたようで、押し出すにも結構力が必要だったようです。ラッチの向きに注意して、ラッチボルト部、円筒錠、丸座、内側ノブの順で取り付けてくれました。最後は、内と外のノブを回したりして動きを確認してくれたり、カギを押したりして開閉についても確認してくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です