仕事場のカギの交換

私は水道設備やですが最近独立し中古の小さな倉庫を拠点に仕事をしております。古い倉庫で大きな引き戸と裏側から入れる勝手口があります。引き戸はチェーンと南京錠で止めてあるだけの簡易的な鍵で勝手口のドアも古い鍵でセキュリティ能力はかなり低めでした。倉庫の中には取り付け前の新品のシンクやバスタブをはじめなくてはならない仕事道具や営業車などを保管してあるのでこのままでは不安でおちおち寝てられないと感じ引き戸と勝手口の鍵を強化することにしました。施工は知り合いのカギ屋さんにお願いし倉庫まで来てもらって現在の状態を見てもらうことにしました。勝手口の鍵は簡易的な感じで慣れた泥棒なら簡単に開けられてしまい引き戸の方も開けるのは容易だし倉庫のある場所は夜間は人気がなく民家も遠いので強引にチェーンを破壊することも考えられるそうです。カギ屋さんと相談した結果、勝手口はセキュリティ力の強いディンプルキーというものに変えました。ディンプルキーはピッキングが難しく慣れた泥棒でも時間ががかかるそうです。統計データでは開錠に五分以上かかるとあきらめる確率が51%と半数を占めているそうです。問題の引き戸ですが今回はディンプルキーでかなり費用を投資したためカギ屋さんにアドバイスをもらい自分で対策してみることにしました。今までは外鍵で南京錠だけだったのをやめて倉庫の引き戸内側に簡易的ですがロックできるように加工してみました。これで勝手口からの侵入を許さなければ引き戸を開けられる心配もなくなりました。以前は寝る時まで不安に感じていましたが対策をしてホッと一安心しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です