ドアチェーンの交換

玄関のカギが壊れてしまったので、どうしたらいいのかを鍵屋に問い合わせてみたら、自分でも交換ができる話しでした。私の場合は、カギといってもドアチェーンのほうで、サビついていたり、経年劣化が原因だったのか、そこは定かではないのですが、だんだん、チェーンの動作性が弱くなり、チェーンがドアに届かなくなりました。だから、交換することになったのは補助錠です。ドアが鉄部の場合の金具の取り付けがあるので、電気ドリルを持っていますか?って、鍵屋に質問されて、日曜大工を趣味にしていたので、持っていると話したら、なら大丈夫ですよって、付け方などを教えてくださいました。電気ドリルで穴を開けてネジを止めるのですが、太めのネジでしっかり止めたほうが防犯対策になるとも言われました。まずは、ドア枠にチェーンのついた金具があるので、ドライバーでネジを外しました。元からついていたチェーンとの交換だったので、私の場合には新たな穴を開ける必要はありませんでした。チェーンも同メーカーのものを取り寄せました。新しいチェーンをドライバーでネジ止めしました。位置は力が一番かかるドアノブの近くで、やや上あたりが使いやすいとは思うのですが、長年使っていたクセがあるので、既存の位置に止めました。チェーンを受け金具の穴に入れるとき、少したるみがある程度の位置に受け金具をドアにネジ止めされていれば良かったのでしょうが、それが既存のものでは短いチェーンだったから、届かなくなったので、取り寄せ注文する際に、チェーンの長いものをお願いしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です